どんな原料を酵素ドリンクは使うのか

酵素ドリンクの6つの効果で健康な毎日を

酵素ドリンクに使われている原料について紹介します。

 

酵素ドリンクとは、野菜や果物などのいろいろな素材を原料とし、発酵、熟成させ抽出された酵素の原液のことを言います。酵素液とも呼ばれています。
手軽に酵素を補える酵素商品として人気を集めています。
酵素ドリンクは、もともと健康食品として販売されました。それが、酵素には体内の代謝を高め、燃焼させる作用があることが知られるようになり、最近ではダイエットやデトックスなどのために使用されるケースが増えてきているのです。

 

酵素ドリンクの原料

 

酵素ドリンクと言っても、いろいろな商品があります。酵素ドリンクに使われる原料や発酵に使われる有用菌は、その商品によってそれぞれ異なります。
新鮮な野菜、果実などがよく使われますが、ほかにもキノコや海藻類、野草類、また大豆や穀物などが原料として使用されています。
このような栄養分豊富な原料をいろいろな菌類、麹菌や乳酸菌、酵母菌などを用いて発酵させ培養させると、食物の酵素がたっぷりと含まれた酵素ドリンクが出来上がります。
酵素ドリンクの味は使用される原料によってそれぞれ異なるので、長く続けるためには、自分の好みに合う酵素ドリンクを選ぶことが大切です。

 

栄養補給に最適

 

酵素ドリンクの人気は、食物酵素を効率良く補える商品としてですが、同時にさまざまな栄養分を補給することができることも見逃せません。
原料となる野菜や果物、穀物などには豊富なビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養分が凝縮されているので、食生活の乱れた忙しい現代人のための貴重な栄養源として働きます。
酵素ドリンクは優れもので、ほかにも老化の原因となってしまう活性酸素を除去してくれるポリフェノールが含まれているほか、傷ついたDNAを修復する働きの核酸なども含んでいるので、日常で不足しがちな栄養素を効率的に補ってくれる作用もあります。

 

酵素ドリンクの効果のことなら、TOPページへ。